2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーンズのS字カンフッキング

ここ数年、よく見かける、店内のPPやIPスペースでの、
ジーンズなどのS字カンでのフッキング、、、。

ビジュアル的なインパクトを狙って、つり下げられているのでしょうが、
お客様から見て、その商品の特徴や価値、セールスポイントをひと目で認識できるとは思えません。
ようするに、何がひっかかっているのか、わかんないんです。
その効果、メリットを説明していただきたいもんです。
ウインドウなどの視覚的イメージを重要視するVPスペースであれば、
魅せる為の遊び要素として有りだと思いますが、
商品を選択していただき、購入の為の比較検討をしていただく店内では必要ありません。

お店のまぁ、、自己満足というか、
お客様に本当にとってどうなの?、という視点で、
よ~く考えれば、そんな事をするのが、必要なのかどうかわかりそうなもんです。
確かに目に付きます、、。違った意味でね、、。
商品が乱雑に扱われている感じがするのは、僕だけでしょうか???


店内で、しかもPPスペースでは御法度ですよ、、。
PPとは、ポイントオブセールプレゼンテーションの事です。
その役割は、商品の所在をお客様に知らせ、
セールスポイントや関連商品とのコーディネートをきちんと理解してもらう事です。
PP展開のルール、テクニックによって
その商品の特徴をきちんと商品自身に語らせる事で、
その商品の事をもっと知りたい!!
自分が着たらどうなるだろう!!という自己投影を行い
興味関心欲求を感じるのです。

みなさん、ちゃんと売場の機能、役割を知った上で、展開しましょうね、、。
洗濯物のようにつり下げられた商品は、僕は買いたくありません。
その部分が、伸びちゃってるような気がします。そこから先に破れていきそうで嫌です。
商品価値を伝える事と、ただ注目を浴びたい事では、まるで次元が違うのです。
店舗デザイナーもよ~くそこんところ勉強して下さいね。

陳列からは、その商品の事だけでなく、
そのお店の、商品に対する姿勢や気持ちまで、にじみ出ていると思って下さい。
知らなかったからしょうがない、、なんて言わないで下さい、、。
今度はそのお店の組織力、教育姿勢まで疑われます。


VMDは、物言わぬ接客であり、商品の価値を言わずと知らせる役目を持っています。
そして商品価値を伝えるだけでなく、お店の価値までも、決定づけてしまうのです。


219376436_210.jpg

219376436_14.jpg

写真はVMDコンサルタント深澤さんからのご提供です。
スポンサーサイト

コメント


初コメントです!

はじめまして!!


以前からブログ読ませて頂いてました。


私も前々から
それズーーット思ってたんです(>_<)!!!

私が、
よく通る道沿いに
シースルーでラックがあり、そこに常にデニムがSカンで吊られてIPとしてあるブランド(かなり有名)があり、値段の割りに安っぽいことするなぁ━って思ってたんです。

あれって絶対、生地を傷めてるし、わかりにくいですよねぇ!!

ぐりーんさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよ、あれって伝染しちゃうんですよね、、、。
誰も説明できないのにね、、。

これからも売り場のウソ!しっかりお伝えして行きます!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://vmd.blog17.fc2.com/tb.php/10-565791f7

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。