2008 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知ってますか?お店の基礎知識 IP編

売場は大きく分けて、3つのスペースで構成されている事を知っていましたか?
この3つのスペースはそれぞれ「役割」を持ち、連動する事でお客様の購買意欲を喚起させ、商品購入に誘う購買誘導の仕組みとなります。

今回は、その3つのスペースのひとつ、「選ばせるスペース」を理解しましょう!

●選ばせるスペース=アイテムプレゼンテーション(IP)と言います。
商品のバリエーションや、関連アイテムを陳列する場所の事で、購入の比較検討をして頂く役割を持ちます。 要は、お客様が商品を体感するコミュニケーションの場であり、売りの最終局面です。
IPは売場の殆どのスペースを占め、それだけにIP展開の良し悪しが、お店の見た目の印象、ブランドレベルを決定づける事になりますから、以下のPOINTに気をつけて陳列しましょう。

●IPの設定POINT
1.迷わせない!=PP提案商品とIPの商品は必ず連動させ、お客様を迷わせない事。
2.見やすく選びやすく!=カラー配列、陳列量、商品分類に気をつけ、お客様の視点で展開をコントロールする事。
3.買いやすく!=お客様の回遊性、安全性に配慮した定数定量の展開を行う事。
(定数=什器数、定量=見やすく手に取りやすい商品量)

●展開スペース=島什器、壁面什器、ラック什器など、店内の全ての什器が展開対象です。

IPの役割を恋愛プロセスに例えると・・・
コミュニケーションをとうして、自分をもっと好きになってもらう事。


”あなたのお店は、お客様の揺れる気持ちをつかむ陳列ができていますか???”

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。