2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーンズのS字カンフッキング

ここ数年、よく見かける、店内のPPやIPスペースでの、
ジーンズなどのS字カンでのフッキング、、、。

ビジュアル的なインパクトを狙って、つり下げられているのでしょうが、
お客様から見て、その商品の特徴や価値、セールスポイントをひと目で認識できるとは思えません。
ようするに、何がひっかかっているのか、わかんないんです。
その効果、メリットを説明していただきたいもんです。
ウインドウなどの視覚的イメージを重要視するVPスペースであれば、
魅せる為の遊び要素として有りだと思いますが、
商品を選択していただき、購入の為の比較検討をしていただく店内では必要ありません。

お店のまぁ、、自己満足というか、
お客様に本当にとってどうなの?、という視点で、
よ~く考えれば、そんな事をするのが、必要なのかどうかわかりそうなもんです。
確かに目に付きます、、。違った意味でね、、。
商品が乱雑に扱われている感じがするのは、僕だけでしょうか???


店内で、しかもPPスペースでは御法度ですよ、、。
PPとは、ポイントオブセールプレゼンテーションの事です。
その役割は、商品の所在をお客様に知らせ、
セールスポイントや関連商品とのコーディネートをきちんと理解してもらう事です。
PP展開のルール、テクニックによって
その商品の特徴をきちんと商品自身に語らせる事で、
その商品の事をもっと知りたい!!
自分が着たらどうなるだろう!!という自己投影を行い
興味関心欲求を感じるのです。

みなさん、ちゃんと売場の機能、役割を知った上で、展開しましょうね、、。
洗濯物のようにつり下げられた商品は、僕は買いたくありません。
その部分が、伸びちゃってるような気がします。そこから先に破れていきそうで嫌です。
商品価値を伝える事と、ただ注目を浴びたい事では、まるで次元が違うのです。
店舗デザイナーもよ~くそこんところ勉強して下さいね。

陳列からは、その商品の事だけでなく、
そのお店の、商品に対する姿勢や気持ちまで、にじみ出ていると思って下さい。
知らなかったからしょうがない、、なんて言わないで下さい、、。
今度はそのお店の組織力、教育姿勢まで疑われます。


VMDは、物言わぬ接客であり、商品の価値を言わずと知らせる役目を持っています。
そして商品価値を伝えるだけでなく、お店の価値までも、決定づけてしまうのです。


219376436_210.jpg

219376436_14.jpg

写真はVMDコンサルタント深澤さんからのご提供です。
スポンサーサイト

売場の貧乏神

プロパーの売場で

トンボハンガーなんか使ってませんよね!!???
トンボハンガーとは、よくワゴンセールなどで使用している
黒いフレキシブルバーのスタンド式ハンガーの事です。

もし、使っていたら大変!!

えっ?なんで大変かって!!???

僕には、トンボハンガーで陳列してある30,000円のカットソーが
3,000円の安物に見えます。
良い物が良い物に見えず、価値が伝わりません、、、。
しかも、横から見たらペッタンコの布にしか見えない、
装着感が伝わらない、試着しようという気も、起きません。
こういった事から、ウリ逃し、売上げ低下、
お店の鮮度低下、スタッフの販売力低下に繋がります。
僕はこれのトンボハンガーを売場の貧乏神と呼んでます。

ホントですよ、、、、こわいこわい
あなたにも、そう見えてきたはずです!!???


20637_01.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。